記事の詳細

日刊工業新聞社主催 企業価値向上のための デザイン マネジメント 入門編セミナー3回目、全員参加のディスカッションではいろいろな意見が飛び交い、とても有意義な時間となりました。

おかげさまで先日、8月18日に開催された日刊工業新聞社主催 「企業価値向上のための デザイン マネジメント 入門編セミナー」 無事終了しました。

ディスカッションでは、ご参加していただいた皆様から、いろいろな視点や角度から積極的な質問もあり、私にとっても貴重な楽しい時間を過ごすことができました。

お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。  少しでもお役に立てる事が出来たのであれば嬉しく思います。

お聞き苦しい点があったかもしれませんが、最後まで真剣にお話しを聞いていただいたことに、感謝いたします。

ーお知らせー

【日刊工業新聞社主催 「デザイン マネジメント 中級編」】12月開催目指して企画中です!

日刊工業新聞社主催 「デザイン マネジメント 中級編」12月の開催を目指して、企画構成を進めております。 

入門編では「クリエイティブ(デザイン)活用能力 」と「経営活用能力 」の2つの観点から「経営をデザインする」とはどういうことなのかを中心に参加者のみなさんと一緒に考えてきました。

中級編では入門編からのステップアップとして、「論理的思考」とは現時点で対極をなす「直観的感覚」アート思考を掘り下げていきたいとおもいます。

これからの時代には、この「直観的感覚」を鍛えることが必要不可欠です。 めまぐるしく変わる状況の中、人は常に目の前にちらつく直観的なものに従て生きている。経営環境も同じく次々と変化が求められる時代になってるからこそ、アート思考が感性(直感力)を磨いてくれます。

「デザイン マネジメント 中級編」での大きな試みとして「感じる(センス)をつかさどるもの」「直感力の正体」を紐解いて「本質的な価値」を探るべく、偉大なデザイナーであり教育者でもある ブルーノ・ムナーリ 氏の軌跡をたどりながら、彼の発想力、創造力×想像力の源について  みなさんと考え「デザイン マネジメント」をさらに効果的にするための時間(感じる思考を高めていく時間)を共有していきたいと思っています。

「デザイン マネジメント 中級編」どうぞお楽しみに。

 

【 日刊工業新聞社主催 「企業価値向上のための デザイン マネジメント 入門編セミナー」】12月追加開催決定しました!

入門編 追加開催します!

4回目の「企業価値向上のための デザイン マネジメント 入門編セミナー」12月に開催決定いたしました。正式な日時が決まりましたら詳細お伝えいたします。

まだ入門編を受講されていない方は、お時間がありましたらぜひこの機会にご参加ください。

 


VALUE LABO 小さくはじめるデザイン室 特設サイトを開設しました!

VALUE LABO小さくはじめるデザイン室 特設サイト特設サイトを開設しましたので、詳細は以下のリンク先を御覧ください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る