記事の詳細

「ビジネスモデルにライティングにも!絵が描けなくてもデザイン思考(デザインシンキング)は習慣化できる」

デザインは一般的に色彩と結び付けられがちですが、最近ではビジネスにおいてもデザインの応用が増えています。芸術的なイメージだけでなく、起業や経営スタイルの考え方にもデザイン思考(デザインシンキング)が頻繁に活用されています。

では、企業の計画、構想、設計においてデザインの力はどのように生かされているのでしょうか。

あなたの目指すところはどこですか?
想像してみましょう。あなたは現在、サラリーマンを辞めて独立しようと考えているとします。どんなビジネスを始めたいですか?これまで考えたことはありますか?

例えば、一般的な選択肢として飲食店を経営することを考えてみましょう。フレンチレストランやイタリアン、ラーメン店、またはカフェなど、様々な選択肢があります。始めるビジネスが決まっている人もいれば、計画を練ってから決める人もいます。

最近、メディアで注目されているのは古民家を活用した農家レストランです。このレストランのコンセプトは、地元の野菜を使用した料理を提供し、若い世代に農業に興味を持ってもらいたいというものです。また、女性客を惹きつけるためにおしゃれなカフェ風の建物にしています。

この場合、ビジネスプランの中で明確な目標が設定されています。

デザインには構想や計画といった要素がありますが、このプロセスもデザイン思考の力を活用しています。

起業に興味がなくても、現在所属している組織内で自分がどのようなポジションに就き、他者からどのように評価されたいか、そしてどのような行動を取りたいかなど、具体的な肉付けをしていくことがデザイン思考(デザインシンキング)の活用と言えます。

絵を描く際には感覚で描く人もいますが、計算されたアプローチで作品を制作する人もいます。芸術にもビジネスにも、デザイン思考の応用が必要です。このオブジェクトをどこに配置するべきか、その配置が顧客にどう映るのか、この絵をどう描くべきかなど、ビジネスや芸術においてもデザインは重要な要素です。

Plan、Do、Check、Action… PDCAサイクルの中にあるデザイン
PDCAサイクルはビジネスシーンでよく使われる言葉ですね。計画、実行、評価、改善の流れによって効率的な進展が期待されます。実は、このサイクルにもデザイン思考(デザインシンキング)が組み込まれています。PDCAという頭字語を使用することで覚えやすくなります。

また、簡潔に伝えるためにもデザイン思考が活用されています。

この記事にも実はデザイン思考(デザインシンキング)が応用されています。構想段階で考えられています。

文章を書く際には起承転結を使うと言われますが、この場合、「あなたの目指すところは…」という部分が「起」に当たります。「承」と「転」では逆説を用いることもありますが、私は読者に魅力的で共感を呼ぶ記事を目指して、「起」と「結」をつなげるように工夫しています。

絵が描けなくても、デザイン思考(デザインシンキング)は文章の構成を考える際にも役立つのです。

ツールとして円滑にコミュニケーションをとることも可能
デザイン思考とコミュニケーションの関係性を強調するため、以下のようにブラッシュアップします。

コミュニケーションデザインを取り入れることで、円滑かつ効果的なコミュニケーションが可能となります。デザイニングの力は無限大であり、コミュニケーションをスムーズに行うための重要なツールとして活用されています。

デザイン思考(デザインシンキング)は、構成や日常の活動を習慣的に考えて動くことによって生まれるものです。使い方次第で可能性は広がります。コミュニケーションにおいても、デザイン思考を取り入れることで意図を明確に伝えることができます。

例えば、プレゼンテーションで使用するパワーポイントのレイアウトをデザインの工夫するだけで、聴衆に対する意図やメッセージがより明確に伝わるようになります。

コミュニケーションツールとしてもデザインを活用しましょう。あなたもぜひデザイン思考を試してみてください。それによって、コミュニケーションの質を高めることができるでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る