記事の詳細

デザイン思考家(クリエイティブクラス)の理想的な環境について

「デザイン思考家(クリエイティブクラス)」とは、デザイン思考を身につけ、その能力を仕事に活かしている人材のことを指します。彼らはやりがいと責任を持つ仕事に携わり、柔軟性と創造性を重視し、刺激的な場所とコミュニティに居住したいと考えます。

このテーマについて、アメリカの都市社会学者リチャード・フロリダの研究やリンダ・グラットンの調査結果に基づき、具体的な理想的な環境について解説します。リチャード・フロリダの研究は、デザイン思考家が創造性を刺激する環境を求める傾向があることを示しています。

デザインマネジメントの目的は、デザイン思考家がストレスを感じずに実力を発揮できる環境を創り出すことです。企業は彼らのニーズを理解し、柔軟な空間やインスピレーションを取り入れることで、彼らの能力を最大限に引き出す環境を提供すべきです。リチャード・フロリダのプロフィールを交えながら、具体的なアイデアや事例を紹介します。


創造性を育む環境で、やりがいと責任を共に
リチャード・フロリダは、アメリカの都市社会学者であり、クリエイティブクラスや創造性に関する研究で知られています。彼の研究によれば、デザイン思考家(クリエイティブクラス)は創造性を刺激する環境を求める傾向があることが示されています。彼らはやりがいと責任のある仕事に取り組みたいと願い、柔軟性や自由な空間、副業や趣味の追求などを重視しています。

・やりがいと責任
「デザイン思考家(クリエイティブクラス)」は、ワクワクするような楽しいプロジェクトや卓越した技術を駆使した仕事など、やりがいと責任のある仕事に携わることを望みます。彼らは最前線で活躍したいという意欲があります。やりがいや責任など、内発的な報酬を重視することは、「デザイン思考家(クリエイティブクラス)」にとっての前提条件と考えられています。

・柔軟性
「デザイン思考家(クリエイティブクラス)」は、柔軟性を求める傾向があります。労働時間やドレスコードに制約される職場は魅力的ではないと考えており、時間や服装に限らず、副業や趣味を追求する自由と柔軟性を重視しています。「デザイン思考(デザインシンキング)」を持つ人々は、仕事に関わるかどうかにかかわらず、自分たちの能力が鈍らないように常に磨くことができる環境を必要としていると考えています。

・場所(勤務地)やコミュニティへの参加
「デザイン思考家(クリエイティブクラス)」は、刺激的で創造的な環境を提供してくれる場所に居住したいという傾向があります。彼らは創造性が高まる環境で生活したいだけでなく、その地域のコミュニティに積極的に貢献したいと考えています。自身の関心事や価値観、アイデンティティを育むために、本職以外の活動を活用することが一般的になりつつあります。このような人材が好んで住む地域は、鎌倉や秋葉原、吉祥寺や金沢、横浜などの日本の都市が挙げられます。

デザイン思考家(クリエイティブクラス)が求める環境の「質」上記の要素を考慮すると、会社のルールについて考えてみましょう。定番の飲み会や終わりの見えない会議、意味の薄い服装指定は、クリエイティブな人々のやる気を損なう可能性があります。また、貸与品も個人の使いやすさを考慮せず、全員に同じものを提供することはありませんか。

Googleやアップルなど、クリエイティブなクラスを重視する会社は、彼らのやる気のツボを理解しています。全てを一度に変えることは難しいかもしれませんが、企業のトップや管理職の方々は、デザイン思考法の実践として、従業員や部下をデザインリサーチし、彼らが本当に必要とする職場環境を創造してみることを提案します。ここからデザインマネジメントが始まります。

リチャード・フロリダの研究によれば、デザイン思考家(クリエイティブクラス)は創造性を刺激する環境を求める傾向があります。したがって、場所や環境のデザインも重要です。企業は柔軟性を促進し、クリエイティビティを高めるために、自由な空間や共同作業スペースを提供することが求められます。また、装飾やカラフルなデザインなど、インスピレーションを刺激する要素を取り入れることも有効です。リチャード・フロリダのアイデアを取り入れ、環境全体をデザインすることで、デザイン思考家(クリエイティブクラス)の能力を最大限に引き出すことが可能となります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

2023年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る