記事の詳細

サステナブルデザインとデザイン思考の関係性

サステナブルデザインとは、製品、サービス、システム、環境、建築物などを設計する際に、社会的なニーズや環境への影響を考慮し、持続可能性を追求するデザイン手法です。

サステナブルデザインは、環境への負荷を最小化し、社会的な課題に対処するために、持続可能な素材の使用、エネルギー効率の向上、廃棄物の削減、再利用やリサイクルの促進などの方法を組み合わせます。これにより、製品やサービスのライフサイクル全体で、資源の使用量を最適化し、廃棄物の排出量を削減します。

さらに、サステナブルデザインは生態系ビジネスエコシステムとも関連しています。生態系ビジネスエコシステムは、企業や組織が持続可能なビジネスを展開するために、相互に連携し合う関係を構築することを指します。例えば、農業生産者、製造業者、流通業者、消費者、リサイクル業者などが協力して、持続可能な製品やサービスの供給チェーンを形成することがあります。このような生態系ビジネスエコシステムの中で、サステナブルデザインは製品やサービスの設計段階から持続可能性を考慮し、生態系への影響を最小限に抑えることを目指します。

具体的なサステナブルデザインのアプローチや実践例としては、以下のようなものがあります。

practice.1
持続可能な素材の使用
持続可能な素材の採用は、環境に負荷の少ない素材の選択やリサイクル可能な素材の使用などを通じて、より高い質を持つ必要があります。デザインプロセスにおいて、環境への影響を最小化し、生産から廃棄までのライフサイクルを考慮することが重要です。例えば、再生可能な資源から作られた素材やバイオベースの素材の採用、廃棄物からのリサイクルによる資源の有効活用などが挙げられます。

practice.2
エネルギー効率の向上
エネルギー効率の向上は、デザインの質を高める上で重要な要素です。持続可能なデザインでは、エネルギー効率の高い設計や省エネルギー技術の導入が行われます。デザインの段階からエネルギーの使用量を最小限に抑えるための戦略が考慮され、持続可能なエネルギーソースの活用やエネルギー管理の最適化が追求されます。

practice.3
廃棄物の削減と循環
廃棄物の削減と循環は、持続可能なデザインにおいて重要な課題です。持続可能な廃棄物管理のためには、製品の設計段階から廃棄物の生成を最小限に抑えるための取り組みが行われます。リサイクル可能な部品や材料の使用、製品の寿命を延ばすための修理やメンテナンスの容易性の考慮などが行われ、廃棄物の排出量を削減し、リサイクルや再利用を促進する取り組みが推進されます。

practice.4
社会的なインパクトの最大化
サステナブルデザインでは、製品やサービスの社会的なインパクトを最大化することが求められます。持続可能なデザインは、社会的な課題に対処し、人々の生活や福祉にポジティブな影響を与えることを重視します。これには、社会的な包摂や公平性を考慮した設計や、アクセシビリティの向上などが取り入れられます。デザインにおいては、ユーザーのニーズやコミュニティの要求に敏感に反応し、社会的なインパクトを創出するための取り組みが行われます。
サステナブルデザインにおけるデザイン思考の重要性
デザイン思考は、サステナブルデザインを実践するための手法やアプローチの一つとして活用されます。デザイン思考は、問題解決やイノベーションを促進するためのフレームワークであり、ユーザーのニーズや視点を重視しながら、共感や洞察を深めるプロセスです。

デザイン思考のプロセスでは、問題の理解、ユーザーの視点の収集、アイデアの発想、プロトタイプの作成、テスト・フィードバックの反復などのステップがあります。このプロセスを通じて、持続可能性に関する課題や機会を特定し、それに対する解決策やイノベーションを生み出すことが可能です。

デザイン思考は、サステナブルデザインにおいて以下のような役割を果たします。

design thinking.1
問題の把握
ユーザーのニーズや課題を深く理解するために、効果的な調査やユーザーインタビュー、市場動向の分析などを行います。情報収集の質を高めるためには、包括的かつ客観的なデータを収集し、複数の視点から問題を捉えることが重要です。また、ユーザーとのコミュニケーションを通じて、彼らの声に耳を傾け、洞察を得る努力も必要です。

design thinking.2
共感と洞察
ユーザーの視点やニーズに共感し、彼らの体験や意見に深く入り込むことで、持続可能な解決策を見つけることができます。共感を高めるためには、ユーザーとのエンゲージメントやユーザーセンタードのデザイン手法を活用し、ユーザーの声に敏感に反応する姿勢を持つことが重要です。また、洞察を深めるためには、ユーザーの行動やニーズに関するデータを分析し、トレンドやパターンを発見する努力も必要です。

design thinking.3
アイデアの発想
持続可能なデザインのためには、多様な視点やアイデアを組み合わせることが重要です。創造的なブレインストーミングセッションやデザインワークショップを通じて、異なるバックグラウンドや専門知識を持つ人々が集まり、新しいアイデアを生み出す環境を作り出すことが効果的です。また、持続可能性の視点を取り入れたアイデアを促進するために、環境に関する情報やトレンドを積極的に収集し、デザイナー同士で共有することも重要です。

design thinking.4
プロトタイプの作成
アイデアを具体的な形にするためには、プロトタイプを作成することが必要です。プロトタイプは、アイデアの概念を実際の製品やサービスに近づけるための手段です。プロトタイプの作成においては、素材や技術の選択において持続可能性の観点を考慮し、可能な限り環境に配慮した素材や方法を使用することが求められます。また、プロトタイプの検証や改善を行う際には、ユーザーのフィードバックを活用し、持続可能性の観点からの改善点を特に注目することが重要です。

design thinking.5
テストとフィードバック
実際のユーザーとのテストやフィードバック収集を通じて、デザインやアイデアの妥当性や効果を検証します。テスト時には、持続可能性の観点から評価基準を設定し、環境への影響や社会的なインパクトなどを評価することが重要です。ユーザーからのフィードバックを収集し、それをデザインに反映させることで、持続可能な解決策をより洗練させることができます。また、フィードバックの収集には定量的なデータだけでなく、質的な情報も重視し、ユーザーの体験や感情に対する理解を深めることも大切です。
持続可能性を志向したデザイン思考の継続的な探求
デザイン思考は、持続可能な社会の実現において不可欠な役割を果たしています。特に、ESG(環境・社会・ガバナンス)の視点やSDGs(持続可能な開発目標)、VUCA(変動性、不確実性、複雑性、曖昧性)という概念をデザイン思考に取り入れることで、そのプロセスと成果を一層高めることができます。

ESGは、企業や組織の持続可能性を評価する指標として注目されています。デザイン思考では、環境への配慮や社会的責任を考慮したデザインを追求することが重要です。具体的には、エネルギー効率の向上や廃棄物削減など、環境への影響を最小限に抑える取り組みや、社会的インパクトの最大化を目指すデザインが行われます。

また、SDGsは、経済的・社会的・環境的な側面での持続可能性を追求するための目標です。デザイン思考では、SDGsの目標や指標を考慮しながら、製品やサービスの開発を行います。具体的には、貧困削減や教育の普及、クリーンエネルギーの利用促進など、SDGsに貢献する要素をデザインに組み込むことが重要です。

さらに、VUCAの概念は、現代社会の変動性、不確実性、複雑性、曖昧性といった特徴を指します。デザイン思考は、VUCAな状況下での問題解決やイノベーションにおいて、洞察と創造性を駆使して新たなアイデアを生み出す手法です。VUCAな状況では、ユーザーのニーズや環境の変化に敏感に対応し、持続可能なデザインを実現するためにデザイン思考が活用されます。

ESGやSDGs、VUCAといった概念をデザイン思考に取り入れることで、環境や社会に配慮した持続可能なデザインを生み出すことが可能です。これにより、企業や組織は持続可能な社会の実現に向けた貢献を行い、より良い未来を築くことができます。デザイン思考を通じて、私たちはより持続可能な世界を創り出すための力を発揮するのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る