記事の詳細

「デザイン思考」の戦略的活用により、企業の「イノベーション」を誘発・促進させる

VUCA時代において、企業が持つべき能力として、「デザイン思考」の戦略的な活用が注目されています。デザイン思考は変動の激しい環境下での「イノベーション」を誘発・促進するための手法とされています。また、最近ではESG(環境・社会・ガバナンス)の重要性が高まっており、企業が持続可能な価値を創造するためにもデザイン思考が有益であるとされています。

デザイン思考(デザインシンキング)は、アメリカのデザインコンサルティングファームIDEO社の手法を基に発展し、その成果が注目されています。デザイン思考は、「デザイナーの感性と手法を活用し、人々のニーズと技術の力を結びつける」ことを専門としています。これにより、実現可能なビジネス戦略を形成し、顧客価値の創出と市場機会の追求を図ることができます。

また、デザイン思考はESGの観点からも重要視されています。持続可能なビジネスを構築するためには、環境への配慮や社会的な責任を考慮した取り組みが必要です。デザイン思考は、顧客やステークホルダーのニーズや価値観を深く理解し、それを基に持続可能なソリューションを創造する手法です。ESGの要素を取り入れたデザイン思考の活用は、企業の社会的な影響力や競争力を高めることにつながります。

VUCA時代において、「イノベーション」と「デザイン思考」は密接に関連しています。デザイン思考は、不確実性の高い状況下での問題解決や新たなビジネスモデルの創造に有効な手法です。特に、ESGの考え方と組み合わせることで、企業が社会的な課題に積極的に取り組むことが可能となります。これにより、企業はVUCA時代の変化に適応し、持続可能な成長を達成することが求められます。

「デザイン思考(デザインシンキング)」の注目度を理解するためには、「イノベーション」についてもう少し深く知る必要があります。前述のように、「イノベーション」とは人々に新たな価値をもたらす行為を指します。このため、デザイン思考は顧客のニーズや要求を深く理解し、それを基に創造的な解決策や革新的なビジネスアイデアを生み出す手法です。デザイン思考は単なるツールや方法論ではなく、組織全体のマインドセットや文化として浸透することが重要です。

ESG(環境・社会・ガバナンス)の観点からも、デザイン思考の重要性が高まっています。持続可能なビジネスを構築するためには、環境への配慮や社会的な責任を考慮したアプローチが必要です。デザイン思考は、顧客やステークホルダーのニーズや価値観を深く理解し、それを基に持続可能なソリューションを創造する手法です。ESGの要素を取り入れたデザイン思考の活用は、企業の社会的な影響力や競争力を高めることにつながります。

archives3-2
「持続的イノベーション」と「破壊的イノベーション」
「イノベーション」には大きく分けて2つのタイプがあります。一つは「持続的イノベーション」で、これは既存の製品をバージョンアップして、企業の既存顧客の要求を満たす行為です。このパターンは日本の企業が得意とする分野です。

一方、「破壊的イノベーション」とは、既存の市場を破壊し、新たな市場を開拓するために、新しい使い方や新たな価値観を持つ製品を提案することです。この場合、製品の性能は既存のサービスよりも劣ることもありますが、顧客に新たな価値を提供します。日本の例としては、ガラケー(ガラパゴスケータイ)が挙げられます。ガラケーは機能面ではiPhoneと比較しても劣ることはありませんでしたが、それでもiPhoneに顧客を奪われてしまいました。

「持続的イノベーション」と「破壊的イノベーション」ではアプローチ方法が異なります。前者では既存顧客のマーケティングリサーチを通じて改善点を見つけ出します。一方、後者では顧客の要求が明確ではない場合があり、マーケティングリサーチだけでは解決できません。ここで「デザイン思考」が注目されるのです。なぜなら、「破壊的イノベーション」においては、デザイナーの「クリエイティビティ」が重要な役割を果たすからです。

デザイン思考は、顧客のニーズや欲求を探求し、それを基に製品やサービスの革新的なアイデアを生み出す手法です。顧客の声に耳を傾け、インサイトを抽出し、既成概念にとらわれずに新たな解決策を見つけ出すことが求められます。デザイナーのクリエイティビティと想像力が重要であり、複数の視点や異なる分野の知識を統合することによって、破壊的なイノベーションを実現するのです。

デザイン思考はマインドセットとして組織に浸透することが重要です。

組織全体での共有と協働が求められ、異なるバックグラウンドや専門性を持つメンバーとのコラボレーションが新たな視点やアイデアの創出につながります。また、失敗を恐れずに試行錯誤する文化もデザイン思考には不可欠です。破壊的なイノベーションはリスクを伴うものですが、挑戦し続ける姿勢が新たな可能性を切り拓くのです。

要約すると、次のようになります。

ー「持続的イノベーション」はマーケティングリサーチに基づいて進められます。

ー「破壊的イノベーション」ではデザイン思考が重要な役割を果たします。

「デザイン思考(デザインシンキング)」の研究は現在も盛んに行われており、確立された手法はまだ存在しません。しかし、以下のプロセスを迅速に実行することが一つの事例として挙げられます:

1. 顧客を観察し共感する

2. 真の問題を設定する

3. アイデアを創造・選択する

4. プロトタイプを制作する

5. テストする

6. デモを作成する

「デザイン思考(デザインシンキング)」は、単なる学習では習得できないロジカル思考とは異なるアプローチです。そのため、「デザイン思考(デザインシンキング)」を習得したい方には、実際のワークショップなどでデザイン教育を受けることをおすすめします。ワークショップに参加することで、具体的なプロセスを体験し、実践しながら学ぶことができます。デザイン教育では、クリエイティブな問題解決方法や顧客の視点に立ったアプローチを学び、デザイナーの感性や手法を磨くことができます。実践的な経験を通じて、デザイン思考のスキルやマインドセットを習得し、イノベーションや創造性を促進することが可能となります。デザイン教育は、理論だけでなく実践的なスキルの習得に焦点を当てているため、参加者は自身の能力を向上させることができるでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る