記事の詳細

「デザイン マネジメント」と「ブランド価値」について
前回までに焦点を当てていた「デザイン マネジメント」が破壊的なイノベーションを起こす能力に加え、実際には企業のブランドイメージにも直結しているため注目されていることを説明しました。

具体的には、製品の「デザイン」が企業のブランドイメージに影響を与えることを認識する必要があります。これには、認知心理学が関与しています。

例えば、日本の企業を考えてみましょう。キャノンと言えばカメラ、パナソニックと言えば家電、ソニーと言えば音響関連といった具体的なイメージが浮かびます。これらの企業は、高い技術力と共に企業ブランドを築いてきました。

この事実は注目に値するものであり、カメラ業界では日本企業の強さが参入を難しくしていると言われています。また、後進国では頑丈で壊れにくい日本製家電が非常に人気を集めています。

次に海外企業のブランドイメージを考えてみましょう。アップル、アディダス、ナイキ、スターバックス、マクドナルドなどの企業のロゴを思い浮かべてください。多くの人がすぐに思いつくでしょう。これらはデザインによって作られたブランドイメージの一部です。

これらの企業が提供する製品は、一貫した形状やコンセプトがあります。

このような例からも分かるように、企業のデザインはブランドイメージに直接的な影響を与えます。これは「デザイン マネジメント」によって統制されたデザインの一環です。

一方で、技術によって構築されたブランドイメージは、他の企業によって技術が追い越されたり、コストパフォーマンスで競り負けた場合に価値が低下してしまいます。

しかし、デザインによって作られたブランドイメージは、どんなに優れた技術を持つ他社が現れても、その企業のデザインが人々の感性や趣味に訴えかけるため、製品

を選ぶ際に感情的な要素が働くため、ブランド価値が低下しにくいのです。

もちろん、継続的に統一されたデザインの製品を提供しなければ、ブランド価値は低下してしまいます。

そのため、ブランド価値を向上または維持するためには、ファンづくりを推進する「デザイン マネジメント」が不可欠です。

現在、世界的にはデザインを中心に企業のブランドを創造する戦略が注目されています。

この注目の理由は、低価格や技術力だけでは企業イメージを構築することができず、競合他社が多いためです。洗練されたデザインは、認知心理学を念頭に置いて設計され、それ自体が価値を持つのです。これがいわゆる「付加価値」となります。

archives10-2

デザインは十人十色の価値を生み出す
デザインは多様性と多様化を取り入れることが重要であり、さまざまな人々の独自の価値を生み出すと言われています。個々の人は、異なるバックグラウンド、文化、経験、意見を持っており、それぞれが独自の視点と価値を提供します。デザインは、これらの多様な要素を融合させて、包括的かつ包括的な解決策や体験を生み出すことが求められます。

人間中心のデザインは、五感に焦点を当てながら製品やサービスをデザインすることを指します。人々は五感を通じて世界を知覚し、情報を受け取ります。視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感は、私たちが製品やサービスを体験する際に重要な役割を果たします。人間中心のデザインは、これらの感覚を最大限に活用し、ユーザーにより良い体験を提供することを目指します。

人々の感性に寄り添ったデザインは、以下のようなアプローチを取ります。

approach.1
視覚的な感性に配慮する
色彩、形状、レイアウトなどの視覚的な要素を工夫し、魅力や認知の促進を図ります。視覚は情報の受け取りや判断において重要な役割を果たすため、見た目のデザインには注意が必要です。異なる文化や個人の視覚的な好みに配慮し、魅力的で視覚的に訴えるデザインを追求します。

approach.2
聴覚的な感性に配慮する
音楽や音響効果を活用して、感情や印象を喚起します。音の要素は環境の雰囲気や情報伝達において重要な役割を果たし、体験の豊かさを高めることができます。異なる文化や背景に基づいて音の選択や音響設計を行い、人々の感性に合った響きを提供します。

approach.3
触覚的な感性に配慮する
素材の質感や触り心地を工夫し、触れる体験を快適にしたり、特定の感触を与えたりします。触覚は製品やインターフェースの使いやすさや快適さに密接に関連しているため、配慮が重要です。異なる文化や環境における触覚的な好みや感覚に合わせて、適切な素材や触感を選択します。

approach.4
味覚や嗅覚の感性に配慮する
食品や香りなどの分野では、味覚や嗅覚の要素を工夫し、特定の感覚や印象を引き起こします。味覚や嗅覚は食品や香水の体験において重要な要素であり、感性に訴える力を持っています。異なる文化や背景においても、食品や香りの好みや感じ方は異なるため、多様な要素を考慮してデザインします。

人々の感性に寄り添ったデザインは、心に響き、深い結びつきや満足を生み出すことができます。そのためには、ユーザーのニーズや感情を理解し、個々の好みや嗜好に配慮することが重要です。人々の多様なバックグラウンドや文化を尊重し、包括的なデザインを実現することで、より幅広い人々に対して意義のある体験を提供することが可能です。

優れたデザインの効果とは?魅力的な要素が生むインパクトと価値

effect.1
機能性と使いやすさの向上
製品やサービスの機能性を最大限に引き出し、使いやすさや効率性を高めます。使い勝手の良いデザインは、人々の日常生活を便利で効果的にすることができます。さまざまな人々のニーズや要求を満たすために、機能性を重視したデザインアプローチが重要です。

effect.2
快適さと心地よさの提供
快適な環境や心地よい体験は、人々の幸福感や満足度を高めます。例えば、家具やインテリアデザインにおいては、快適な座り心地や心地よい空間づくりが重要です。人々が安心してくつろげる環境を提供するために、心地よさを追求したデザインが求められます。

effect.3
美的な喜びと創造性の刺激
デザインは美的な要素を通じて人々に喜びを与え、創造性を刺激します。美しいデザインは視覚的な魅力を持ち、人々の感性や想像力を刺激することができます。異なる文化や美意識に基づいて、美的な要素を取り入れたデザインを追求します。

effect.4
ユニークさと個性の表現
デザインは個々の個性やアイデンティティを表現する手段でもあります。ユニークなデザインは人々の個性を引き出し、自己表現の場としての役割を果たします。多様な人々の個性や好みに対応するために、個別化やカスタマイズの要素を取り入れたデザインが重要です。

effect.5
イノベーションと社会的な影響
進化し続けるデザインは、新たな視点やアイデアを提供し、社会的な変革を促進する力を持ちます。革新的なデザインは人々の生活や産業において新たな可能性を切り拓き、社会的な影響をもたらすことがあります。社会的課題に対して効果的な解決策を提供するために、イノベーションを重視したデザインアプローチが求められます。

デザインの力で幸せな未来を創造する
デザインの力は、広範かつ多様な領域にわたり、人々の生活をより豊かにし、幸せをもたらす潜在能力を秘めています。私たちはデザインの重要性を深く認識し、持続可能な未来を見据えたマクロ視点を持ちながら、デザインを通じて人々の生活をさらに向上させる努力を積極的に行う必要があります。ビジネスの世界では、デザインにESG(環境、社会、ガバナンス)の考え方を組み込むことが重要であり、個々の人々の多様性と感性を最大限に尊重し、包括的な視点を持ち続けることが不可欠です。このような総合的なアプローチによって、社会全体の幸せと繁栄を追求し、持続可能な未来価値を創出することができるのです。私たちはデザインの力を活用し、共に幸せな社会の実現に向けて積極的な貢献を行いましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
ページ上部へ戻る